お悩み別治療メニュー

お顔の悩み

どんな治療が良いか分からない方、お気軽にご相談ください。

〇グロースファクター治療

グロースファクター注射によるほうれい線治療とは?


皮膚内の構造

皮膚表面の内側には「真皮(しんぴ)」という肌にハリ感や弾力を与える、いわば肌の本体ともいえる構造があります。

真皮は、肌のハリや弾力、みずみずしさを保つために欠かせないコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった成分で構成されています。

そして、これら真皮の成分を作り出しているのが「線維芽細胞」という細胞です。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は加齢や乾燥、紫外線などのダメージによって劣化していくため、線維芽細胞がそれらを分解して新しいものに作り変えます。

しかし、この線維芽細胞も年々ダメージを受け働きが衰え作り変えがうまくいかなくなると、肌のハリや弾力を保てなくなってしまいたるみやしわの原因になります。

コラーゲンやヒアルロン酸を肌に直接注入しても、新陳代謝によって分解吸収されてしまうため繰り返し治療が必要となってしまいます。

ハリや弾力の原料を作り出す、いわば肌の「工場」を元気にすることが根本治療だと思いませんか?

 

当院で行うグロースファクター治療は、この線維芽細胞を活性化、増殖させる治療です。

最適な濃度の薬剤を注入することで、数年にわたってご自身のコラーゲンを増やし、自然に若返りを実現することができます。

あきらめかけていたほうれい線に、ぜひご検討ください。

 

グロースファクター治療の特徴


  1. 痛み、腫れ、内出血などの副作用がほとんどない
  2. 一時的な効果ではなく、数年先まで治療効果が持続
  3. 一回の治療でほとんどの方が治療効果を実感                       ※しわが深い場合、2回の治療を要することもあり。ただし、1回の治療で全く効果がなかったという方はいません。
  4. しこりや肉芽などの副作用の前例なし

治療効果が出るまで


グロースファクター注入後、治療効果を実感していただくまでの期間は個人差があります。

施術直後は多少の腫れや、注入した薬剤による水分の影響でボリュームアップしたように見えます。2~3日すると、腫れが引き、水分が吸収されることで一旦ボリュームダウンしたように見えます。その後、早い方ではおよそ1週間後から治療効果を実感します。日に日に少しずつ治療効果が出てきますので、最終的な治療効果の判定には、3か月~6か月かかることもあります。この期間は、ご自身の細胞がコラーゲンを作っている期間ともいえます。

治療の流れ


  1. ご来院後、ほうれい線治療についてのカウンセリングを行います(20分程度)
  2. 治療部位の写真撮影をします。(5分程度)                         ※治療効果確認のためのものですので、モニター以外は第三者に見せることはありません。
  3. 治療部位に麻酔クリームを塗り時間をおきます(20分程度)
  4. 麻酔をふき取り、施術致します(10分程度)
  5. ご帰宅となります

治療後に気を付けること


  • 治療当日は大量の飲酒、激しい運動、ご自身で治療部位を強くマッサージするようなことは避けて下さい。治療効果に影響するだけでなく、内出血や腫れなどの副作用が強く出る可能性があります。
  • 笑い過ぎや長電話など、表情を大きく動かす動作を長時間続けることで、水分が逃げ型崩れしてしまうことがあります。施術後3日間ほどはなるべくこういった動作は控えていただいたほうが治療効果を最大限に引き出すことができます。
  • ほうれい線治療を行った場合、その部位の美容治療(レーザー治療、IPL治療、イオン導入、マッサージなど)は1カ月避けていただきます。ヒアルロン酸治療は6カ月空けてください。ほうれい線以外の部位に関しては治療の前後で制限はありません。

ほうれい線

ほうれい線治療のいろいろ


ほうれい線治療は自宅でできるものから通院が必要なものまでたくさんの選択肢があります。どれも一長一短ですが、大切なのはご自身が一番何を治療結果として求めるか、ということだと思います。

即効性が欲しい方もいれば痛みがない治療が良い方、費用をできるだけ抑えたい方、持続期間を最優先に考えたい方・・・

 

主な治療法について私個人の見解も含めてまとめます。

1.ヒアルロン酸治療・・・即効性◎ 費用△ 持続△

ヒアルロン酸治療もメリットはなんといってもその即効性でしょう。

治療直後から変化がはっきりと分かります。大事な予定に合わせて若返りが可能です。

ほうれい線に直接注入することで溝を埋め、シワを薄くすることが可能。また頬や靭帯上に的確に注入することによって頬全体のリフトアップも可能です。

ヒアルロン酸治療の欠点は、吸収されてなくなってしまうことです。1回の治療で1cc使用するとします。だいたい1ccの相場が6~10万円、半年に1回の追加治療を行うとなると、維持費は年間12~20万円にもなります。

また、血管塞栓やしこりなど重篤なリスクがあることも欠点の一つです。正しい知識をもって安全に治療をしてくれる医師が担当することがリスク回避のカギとなります。クリニック選びから慎重に行うことが大切です。

 

 2.近赤外線治、高周波治療・・・即効性△ 費用✕ 持続性△

機械治療のメリットはダウンタイム(日常生活への支障)がほぼないことでしょう。

直後からお化粧ができ、注射のように内出血のリスクもありません。周囲に気付かれることなく治療できます。

これらは、熱刺激を与えることによってコラーゲンを増やす治療です。熱によってダメージを与え、肌のハリを保つ真皮層のコラーゲン生成を促す治療です。当院でのグロースファクター治療と"コラーゲンを増やす"という最終目的は同じです。たるみ治療を行うクリニックには必ずといっていいほどこの類の治療器が置いてあるはずです。熱が加わることで生じる炎症と浮腫によって治療直後も一時的な効果を実感することができます。が、その持続は短く、またコラーゲン生成を促す力も弱いため3~6か月に1回の繰り返し治療が必要という欠点があります。

治療機器にもよりますが、だいたい1回の治療で5~20万円、3ヵ月~半年に1回治療するとなると維持費は年間20~80万円にもなります。また機械の治療であれば安全と思いがちですが、エステなどで安易に治療を受け、重篤な熱傷を負った例などもありますので、やはりクリニックでの治療がおすすめです。

 

 3. ほうれい線エクササイズ、マッサージ・・・即効性✕ 費用◎ 持続性✕

自宅でできるものからエステサロンなど幅広い選択肢があります。

メリットは費用が抑えられることでしょう。また、痛みがないこと、通院の手間がないことも大きなメリットです。こちらは舌運動や口回り~頬の運動により表情筋の衰えを改善しリフトアップ効果をもたらすものです。

最近ではほうれい線専用のトレーニンググッズなどもあります。

筋肉の衰えはたるみの原因となり、ほうれい線が深くなる一因となります。かなり地道な作業にはなりますが、毎日継続すれば多少の効果はあるかもしれません。しかし、一度たるんでしまった頬をリフトアップし、ほうれい線を浅くするまでの効果があるのかは疑問です。一時期良くなったけれども数日サボったら元に戻ってしまった、という声も耳にします。

また、マッサージなどで皮膚を伸ばし過度な摩擦を与えることはそれだけで肌にとって大きなストレスとなり、思いがけないたるみや色素沈着などの原因になってしまいます。

そして、顔も体と同様に靭帯によって組織が支えられています。靭帯はゴムチューブのようなものです。加齢や刺激により一度伸びてしまうと元には戻りません。過度な運動や振動を与えるとどうでしょう?さらなる劣化の原因になってしまいます。恐ろしいですね・・・。

自己流ではせっかくの努力も逆効果になってしまいます。正しい知識を持って取り組むことが大切です。

 

ほうれい線が気になったとき、まずやってみようと思う治療が以上の3つかと思われます。これらは外科的手術などに比べてハードルが低く、比較的取り組みやすいものです。

どれも一長一短ではありますが、様々な治療を経験したうえで私が自信をもってお勧めするのがグロースファクター治療です。

安全であること、自然で長期持続が期待できるグロースファクター治療。ぜひこの機会にご検討ください。

〇ボトックス注射

ボトックス注射とは?


ボトックス注射

ボトックス治療とは、表情ジワを改善する治療法です。

表情ジワとは、私たちが表情を作る際に使う筋肉によってできるシワのことです。

笑った時の目尻のしわ、怒ったときの眉間のしわ、びっくりしたときのおでこのしわ、

この筋肉をボトックス注射で弱めてあげることで、シワを伸ばすことができます。

また、シワを今以上に深くしないため、予防として打つことも可能です。

シワを放置しておくと、折り紙の折り目のように深く刻まれていき、ボトックス治療だけでは改善するのが難しくなってしまいます。

 早めの治療開始が、未来のシワの有無を左右します。

ボトックス注射による様々な効果


  • 表情筋を弱め、顔のシワを薄くする
  • 筋肉を小さくすることで、小顔効果や脚痩せ効果を発揮
  • 発汗を抑制する
  • その他、たれ目や口角アップなど筋肉の働きを抑えることで表情の微調整が可能

それぞれの治療部位について                 ※投与箇所はあくまで目安です。


目尻のシワ

眼輪筋という筋肉の働きによってできる放射状のシワです。

力いっぱい目を閉じたり、笑った時にできるシワです。

よく笑う方に多いシワですが、よく見てください。真顔の時でもシワが刻み込まれていませんか?

注射箇所:左右目尻各3~6か所

 

眉間のシワ

皺眉筋という筋肉の働きによってできる縦ジワです。

眉をひそめたり、老眼など視力低下によって目を細めるときにできるシワです。

怒ってそう、不機嫌そう、マイナスイメージを周囲に与えていませんか?

注射箇所:眉毛周囲5~7か所

 

額のシワ

額のシワ

前頭筋という筋肉の働きによってできる横ジワです。

日常生活において癖のある表情を繰り返したり、加齢によってたるんだまぶたを持ち上げるために額に力が入ることでできるシワです。

刻み込まれてしまうとかなりの存在感です。

注射箇所:額6~10か所

 

 

鼻のシワ バニーライン

鼻のシワ

鼻筋や上唇鼻翼挙筋という筋肉の働きによってできる横ジワです。鼻の付け根、鼻根部という部位にできる横ジワです。うさぎのようなので、通称バニーラインと呼ばれます。

笑った時や臭いものを嗅いだ時、顔をくしゃっとしたときにできるシワです。

このシワは刻み込まれてしまうと、治療がかなり難しい部位でもあります。早めの対処が大切です。

注射箇所:鼻の付け根周囲3~5か所

 

 

顎のシワ

おとがい筋という筋肉の働きによってできる梅干しのようなしわしわっとしたシワです。通称、梅干しジワと呼ばれます。

顎が小さかったり、顔の構造上の問題で口を閉じるときにできるシワです。

このシワがあるだけで口元年齢+10歳はもったいないです。

注射箇所:顎3~4か所

 

アーモンドアイ

大きくアーモンドのようにこっくりとした、優しい印象の目元を作ります。

目のすぐ下に適量のボトックスを打つことで、眼の下側が開き、眼を大きく見せることができます。

注射箇所:左右目の下各2か所

 

口角アップ

口角を下げる働きをする口角下制筋を弱め、口角を上げやすくします。

への字の口角はそれだけで暗い雰囲気になり、老けた印象になってしまいます。

口角アップで素敵な笑顔を手に入れましょう。

注射箇所:左右口角下各1か所

 

四角い顔 ボトックス

顔を小さく

咬筋という筋肉の働きが強く、ホームベースのように左右のエラが張ったお顔を小さくします。→ミナミハコフグのように四角いお顔をシャープに改善できます。

咬筋の働きを弱め、筋肉を縮小することでエラが取れ小顔効果を発揮します。

食いしばりや歯ぎしりなどの治療としても有効です。

注射箇所:左右エラ各3~5か所

 

 

脚を細く

腓腹筋というふくらはぎの筋肉の働きを弱め、筋肉を縮小することで脚痩せ効果を発揮します。

筋肉の膨らみを解消し、ほっそりしたふくらはぎを手に入れましょう。

注射箇所:ふくらはぎ、筋肉の大きさによって注射場所が異なる

 

多汗症

ボトックスには発汗を抑える作用もあります。

特にワキは通年を通して発汗の多い部位です。洋服の汗ジミを気にする生活から抜け出しましょう。

注射箇所:左右のワキ各20~30か所

 

治療後に気を付けること


治療当日は大量の飲酒、激しい運動、治療部位を強くマッサージするようなことは避けて下さい。内出血や腫れなどの副作用が強く出る可能性があります。

ボトックス注射の場合、ターゲットとなる筋肉のみに作用するよう狙い打ちしています。治療部位を過度に揉みこむような行為は他の筋肉にボトックスの効果が波及し思いがけない副作用を起こす恐れがありますので、エステやマッサージは治療後1週間ほど避けていただくようお願い致します。

当院のボトックス治療について


シワを気にする患者様にボトックスをおすすめすると、薬を打つのは怖い、過去に打ったことがあるが表情がなくなってしまった、表情が引きつってしまった、友人に何かやったでしょ?と問い詰められた、・・・など、安全性を危惧する声や、過去の治療での失敗談、周囲の反応などを話してくれる方が多くいました。ボトックスは3か月~半年の経過で必ず効果が切れますが、その間我慢して過ごすのは大変な苦痛です。

しっかりと効果を実感したい方もいれば、周囲に気付かれずに少しだけ変わりたい、という方もいます。そういった要望をしっかりと受け止め、患者様一人一人の満足いく"適量"を見極めることが最も大切だと考えます。

筋肉の強さも、ボトックスに対する反応も一人一人異なります。

経過を見る中で必要があれば追加投与を行い、納得のいく治療効果を作り出せればと思います。

よって、

アラガン社ボトックスビスタ
  1. 日本国内での臨床試験を経て厚生労働省より医療用医薬品として認可されている米国アラガン社製のボトックスビスタ®のみを使用。
  2. アラガン社の教育を受け施注資格を取得したボトックスビスタVST認定医が担当。
  3. 患者様がゴールとする治療効果のイメージを大切にします。初回治療ではやや少なめの投与量で治療を開始。後日、追加投与する場合でもご料金はいただきません。

以上の3点を、ボトックス治療においてお約束いたします。 

ボトックス治療のお約束

〇ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射とは?


ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は優れた水分保持作用と弾力を持っており、肌や関節など私たちの体の中に広く存在します。

ヒアルロン酸は肌のみずみずしさや弾力を保つために欠かせないものです。

体内にも存在するという身近さから、特殊な加工をしたヒアルロン酸をお顔に注射することで顔のシワを埋めたり、鼻を高くしたりと、美容医療の分野において人気の治療となっています。

クリニックで注入するヒアルロン酸には「架橋」という加工がなされており、すぐに吸収されないよう工夫されています。そして、治療部位によって架橋の強度が異なる製材を使い分けます。低架橋の製材は柔らかさを生かしてゼリー状に溝を埋め、高架橋の製材はセメントとして形を作るために使用します。

ヒアルロン酸治療の大きな魅力は、治療直後から変化を実感できることです。そして、気に入らなければ専用の薬剤を使って溶かすことも可能です。ダウンタイムが少なく、注射で簡単に治療効果を実感できるという手軽さも人気の理由です。

ヒアルロン酸治療による様々な効果


  • シワや凹みを埋め、目立たなくする
  • 涙袋や唇などに注入することで気になる部位にふっくらボリュームを出す
  • 鼻や顎、おでこなど、お顔の印象を左右するパーツを形成することが可能

それぞれの治療部位について       ※投与量はあくまで目安です。


ほうれい線

ほうれい線

左右小鼻から口角に向かって伸びたㇵの字型の溝のことをいいます。→ほうれい線について詳しく見る

当院では、長期持続型のグロースファクター治療をおすすめしていますが、即効性が欲しいという方にはヒアルロン酸治療をおすすめすることもあります。

溝に直接ヒアルロン酸を打つ方法や、たるみの状態によっては頬全体をリフトアップさせる方法でシワを薄くします。

投与量:約1~3cc

 

 

マリオネットライン

マリオネットライン

左右口角からフェイスラインに向かって伸びた溝のことをいいます。ほうれい線と同様に、筋肉の動きではなくお顔全体のたるみが原因となるたるみジワの一つです。マリオネット人形の口元に似ていることからこのように呼ばれています。

溝に直接ヒアルロン酸を打つ方法や、たるみの状態によっては頬全体をリフトアップさせる方法でシワを薄くします。

投与量:約1~2cc

 

ゴルゴライン

左右の目頭下から頬に向かって伸びた溝のことをいいます。加齢とともに目の下の脂肪が減少し、筋肉と骨が委縮して小さくなることで凹みが目立つようになります。ゴルゴ13に特徴的なシワであることから、このように呼ばれています。

老けっぽく、疲れ顔に見える大きな原因です。

溝に直接ヒアルロン酸を打ち、凹みを目立たなくします。

投与量:約1~2cc

 

眼の下のクマ

クマにはいくつか種類があります。

①老化により目元の脂肪が減少し、凹んだことによって影となる黒クマ

②皮膚や脂肪が薄いことで、うっ滞した血管や筋肉が透けてできる青クマ

③長年にわたる摩擦や間違ったスキンケアなどで皮膚のメラニンが蓄積することによってできる茶クマ

ヒアルロン酸治療で有効なのは①の黒クマです。透明なゼリー状をしているため、②や③には大きな効果を発揮しません。

しかし、①~③が複雑に合併している方がほとんどですので、ヒアルロン酸治療により改善を認める例も多くあります。

まずはどの要因が大きいかを診察し、どこまで改善が期待できるかどうか判断致します。

ヒアルロン酸治療が有効だと判断した場合、溝に直接打つことで凹みを目立たなくし、クマを薄くします。

投与量:約1cc

 

涙袋

目のすぐ下の膨らみのことをいいます。眼輪筋という目の周りの筋肉の一部が盛り上がることによって現れます。特に笑った時にくっきりと現れます。

涙袋があることで優しく大きな瞳の印象を与えることができます。若い世代に人気の施術ですが、最近では大人の女性にも浸透しつつあります。微調整しながら、自然な目元を作ります。

目の下に細い針で直接ヒアルロン酸を注入し、形を作ります。

投与量:約0.5cc

 

鼻を高く

鼻は顔の中心にあることから、顔立ちを決める重要な要素となります。鼻筋が立つことでグッと顔立ちが整い、洗練されます。

ヒアルロン酸注入ができる部位とできない部位がありますので、相談のうえ注入箇所、注入量を決めます。

高くしたい部分に直接ヒアルロン酸を注入もしくは鼻先端から鈍針(先の尖っていない針)を通して注入。

投与量:約0.5~1cc

 

唇のヒアルロン酸

唇をふっくら

年齢とともに唇は薄くなり、縦ジワが目立つようになります。ふっくらとハリのあるリップは誰もが憧れるものです。

注入部位を工夫することで、アヒル口やセクシーな口元など、理想のリップに近づけます。

リップに直接ヒアルロン酸を注入し、形を作ります。

投与量:約1cc

 

おでこの形を整える

丸いおでこはとても可愛らしい印象を与えます。横から見たときのシルエットもキレイです。

また、おでこの一部が凹んでいる、眉毛との境界が段差になっているなど、一部のみヒアルロン酸を注入し気になる部分を改善することも可能です。

ふっくらさせたい部分に直接ヒアルロン酸を注入もしくは鈍針(先の尖っていない針)を通して注入。

投与量:約1~3cc

 

顎をシャープに

顎が小さいと輪郭がぼやけてしまい、頬のたるみや二重顎が目立ってしまいます。顎をシャープにすることで、お顔がすっきりし小顔効果も出ます。

また、年齢とともに顎の筋肉が縮み、梅干しジワも重なっている方が多くみられます。このような方には、ボトックス+ヒアルロン酸での治療をおすすめしています。

投与量:約1~2cc

 

治療後に気を付けること


治療当日は大量の飲酒、激しい運動、治療部位を強くマッサージするようなことは避けて下さい。内出血や腫れなどの副作用が強く出る可能性があります。ヒアルロン酸注射の場合、形を作るように注入しますので、馴染む前に強いマッサージなどの力が加わることでヒアルロン酸が動いて形が崩れてしまう場合があります。ですので、治療後1週間はエステやマッサージは避けていただくようお願い致します。

当院のヒアルロン酸治療について


ヒアルロン酸注射は直後から治療効果を実感でき、ダウンタイム(日常生活の制限など)も少なく、その手軽さから幅広い年齢層に人気の治療となっています。しかし、ヒアルロン酸をお顔に入れることに抵抗のある方が多くいるのも現実です。顔がパンパンになる、いかにも「ヒアルロン酸顔」など、一昔前のイメージが根強く残っているようです。時代が変わり、今ではいかに少量のヒアルロン酸で自然な変化をもたらせるかということに焦点を当て、多くの美容皮膚科医が治療にあたっています。私もその一人です。

よって、当院では"自然なのに確実な変化"をモットーに、最少量で最大限の治療効果を出せるよう丁寧に治療させていただきます。

また、製材もすべて日本国内での臨床試験を経て厚生労働省より医療用医薬品として認可されている米国アラガン社製のものを使用しております。

安全を第一に考え、皆様のお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。

 

ジュビダームビスタボリフトxc
ジュビダームビスタボリューマxc

きれいな女性