〇ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射とは?


ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は優れた水分保持作用と弾力を持っており、肌や関節など私たちの体の中に広く存在します。

ヒアルロン酸は肌のみずみずしさや弾力を保つために欠かせないものです。

体内にも存在するという身近さから、特殊な加工をしたヒアルロン酸をお顔に注射することで顔のシワを埋めたり、鼻を高くしたりと、美容医療の分野において人気の治療となっています。

クリニックで注入するヒアルロン酸には「架橋」という加工がなされており、すぐに吸収されないよう工夫されています。そして、治療部位によって架橋の強度が異なる製材を使い分けます。低架橋の製材は柔らかさを生かしてゼリー状に溝を埋め、高架橋の製材はセメントとして形を作るために使用します。

ヒアルロン酸治療の大きな魅力は、治療直後から変化を実感できることです。そして、気に入らなければ専用の薬剤を使って溶かすことも可能です。ダウンタイムが少なく、注射で簡単に治療効果を実感できるという手軽さも人気の理由です。

ヒアルロン酸治療による様々な効果


  • シワや凹みを埋め、目立たなくする
  • 涙袋や唇などに注入することで気になる部位にふっくらボリュームを出す
  • 鼻や顎、おでこなど、お顔の印象を左右するパーツを形成することが可能

それぞれの治療部位について       ※投与量はあくまで目安です。


ほうれい線

ほうれい線

左右小鼻から口角に向かって伸びたㇵの字型の溝のことをいいます。→ほうれい線について詳しく見る

当院では、長期持続型のグロースファクター治療をおすすめしていますが、即効性が欲しいという方にはヒアルロン酸治療をおすすめすることもあります。

溝に直接ヒアルロン酸を打つ方法や、たるみの状態によっては頬全体をリフトアップさせる方法でシワを薄くします。

投与量:約1~3cc

 

 

マリオネットライン

マリオネットライン

左右口角からフェイスラインに向かって伸びた溝のことをいいます。ほうれい線と同様に、筋肉の動きではなくお顔全体のたるみが原因となるたるみジワの一つです。マリオネット人形の口元に似ていることからこのように呼ばれています。

溝に直接ヒアルロン酸を打つ方法や、たるみの状態によっては頬全体をリフトアップさせる方法でシワを薄くします。

投与量:約1~2cc

 

 

ゴルゴライン

左右の目頭下から頬に向かって伸びた溝のことをいいます。加齢とともに目の下の脂肪が減少し、筋肉と骨が委縮して小さくなることで凹みが目立つようになります。ゴルゴ13に特徴的なシワであることから、このように呼ばれています。

老けっぽく、疲れ顔に見える大きな原因です。

溝に直接ヒアルロン酸を打ち、凹みを目立たなくします。

投与量:約1~2cc

 

眼の下のクマ

クマにはいくつか種類があります。

①老化により目元の脂肪が減少し、凹んだことによって影となる黒クマ

②皮膚や脂肪が薄いことで、うっ滞した血管や筋肉が透けてできる青クマ

③長年にわたる摩擦や間違ったスキンケアなどで皮膚のメラニンが蓄積することによってできる茶クマ

ヒアルロン酸治療で有効なのは①の黒クマです。透明なゼリー状をしているため、②や③には大きな効果を発揮しません。

しかし、①~③が複雑に合併している方がほとんどですので、ヒアルロン酸治療により改善を認める例も多くあります。

まずはどの要因が大きいかを診察し、どこまで改善が期待できるかどうか判断致します。

ヒアルロン酸治療が有効だと判断した場合、溝に直接打つことで凹みを目立たなくし、クマを薄くします。

投与量:約1cc

 

涙袋

目のすぐ下の膨らみのことをいいます。眼輪筋という目の周りの筋肉の一部が盛り上がることによって現れます。特に笑った時にくっきりと現れます。

涙袋があることで優しく大きな瞳の印象を与えることができます。若い世代に人気の施術ですが、最近では大人の女性にも浸透しつつあります。微調整しながら、自然な目元を作ります。

目の下に細い針で直接ヒアルロン酸を注入し、形を作ります。

投与量:約0.5cc

 

鼻を高く

鼻は顔の中心にあることから、顔立ちを決める重要な要素となります。鼻筋が立つことでグッと顔立ちが整い、洗練されます。

ヒアルロン酸注入ができる部位とできない部位がありますので、相談のうえ注入箇所、注入量を決めます。

高くしたい部分に直接ヒアルロン酸を注入もしくは鼻先端から鈍針(先の尖っていない針)を通して注入。

投与量:約0.5~1cc

 

唇をふっくら

唇をふっくら

年齢とともに唇は薄くなり、縦ジワが目立つようになります。ふっくらとハリのあるリップは誰もが憧れるものです。

注入部位を工夫することで、アヒル口やセクシーな口元など、理想のリップに近づけます。

リップに直接ヒアルロン酸を注入し、形を作ります。

投与量:約1cc

 

 

おでこの形を整える

丸いおでこはとても可愛らしい印象を与えます。横から見たときのシルエットもキレイです。

また、おでこの一部が凹んでいる、眉毛との境界が段差になっているなど、一部のみヒアルロン酸を注入し気になる部分を改善することも可能です。

ふっくらさせたい部分に直接ヒアルロン酸を注入もしくは鈍針(先の尖っていない針)を通して注入。

投与量:約1~3cc

 

顎をシャープに

顎が小さいと輪郭がぼやけてしまい、頬のたるみや二重顎が目立ってしまいます。顎をシャープにすることで、お顔がすっきりし小顔効果も出ます。

また、年齢とともに顎の筋肉が縮み、梅干しジワも重なっている方が多くみられます。このような方には、ボトックス+ヒアルロン酸での治療をおすすめしています。

投与量:約1~2cc

 

治療後に気を付けること


治療当日は大量の飲酒、激しい運動、治療部位を強くマッサージするようなことは避けて下さい。内出血や腫れなどの副作用が強く出る可能性があります。ヒアルロン酸注射の場合、形を作るように注入しますので、馴染む前に強いマッサージなどの力が加わることでヒアルロン酸が動いて形が崩れてしまう場合があります。ですので、治療後1週間はエステやマッサージは避けていただくようお願い致します。

当院のヒアルロン酸治療について


ヒアルロン酸注射は直後から治療効果を実感でき、ダウンタイム(日常生活の制限など)も少なく、その手軽さから幅広い年齢層に人気の治療となっています。しかし、ヒアルロン酸をお顔に入れることに抵抗のある方が多くいるのも現実です。顔がパンパンになる、いかにも「ヒアルロン酸顔」など、一昔前のイメージが根強く残っているようです。時代が変わり、今ではいかに少量のヒアルロン酸で自然な変化をもたらせるかということに焦点を当て、多くの美容皮膚科医が治療にあたっています。私もその一人です。

よって、当院では"自然なのに確実な変化"をモットーに、最少量で最大限の治療効果を出せるよう丁寧に治療させていただきます。

また、製材もすべて日本国内での臨床試験を経て厚生労働省より医療用医薬品として認可されている米国アラガン社製のものを使用しております。

安全を第一に考え、皆様のお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。

 

ジュビダームビスタボリフトxc
ジュビダームビスタボリューマxc

ヒアルロン酸治療における約束