〇グロースファクター治療

グロースファクター注射によるほうれい線治療とは?


皮膚内の構造

皮膚表面の内側には「真皮(しんぴ)」という肌にハリ感や弾力を与える、いわば肌の本体ともいえる構造があります。

真皮は、肌のハリや弾力、みずみずしさを保つために欠かせないコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった成分で構成されています。

そして、これら真皮の成分を作り出しているのが「線維芽細胞」という細胞です。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は加齢や乾燥、紫外線などのダメージによって劣化していくため、線維芽細胞がそれらを分解して新しいものに作り変えます。

しかし、この線維芽細胞も年々ダメージを受け働きが衰え作り変えがうまくいかなくなると、肌のハリや弾力を保てなくなってしまいたるみやしわの原因になります。

コラーゲンやヒアルロン酸を肌に直接注入しても、新陳代謝によって分解吸収されてしまうため繰り返し治療が必要となってしまいます。

ハリや弾力の原料を作り出す、いわば肌の「工場」を元気にすることが根本治療だと思いませんか?

 

当院で行うグロースファクター治療は、この線維芽細胞を活性化、増殖させる治療です。

最適な濃度の薬剤を注入することで、数年にわたってご自身のコラーゲンを増やし、自然に若返りを実現することができます。

あきらめかけていたほうれい線に、ぜひご検討ください。

 

グロースファクター治療の特徴


  1. 痛み、腫れ、内出血などの副作用がほとんどない
  2. 一時的な効果ではなく、数年先まで治療効果が持続
  3. 一回の治療でほとんどの方が治療効果を実感                       ※しわが深い場合、2回の治療を要することもあり。ただし、1回の治療で全く効果がなかったという方はいません。
  4. しこりや肉芽などの副作用の前例なし

治療効果が出るまで


グロースファクター注入後、治療効果を実感していただくまでの期間は個人差があります。

施術直後は多少の腫れや、注入した薬剤による水分の影響でボリュームアップしたように見えます。2~3日すると、腫れが引き、水分が吸収されることで一旦ボリュームダウンしたように見えます。その後、早い方ではおよそ1週間後から治療効果を実感します。日に日に少しずつ治療効果が出てきますので、最終的な治療効果の判定には、3か月~6か月かかることもあります。この期間は、ご自身の細胞がコラーゲンを作っている期間ともいえます。

治療の流れ


  1. ご来院後、ほうれい線治療についてのカウンセリングを行います(20分程度)
  2. 治療部位の写真撮影をします。(5分程度)                         ※治療効果確認のためのものですので、モニター以外は第三者に見せることはありません。
  3. 治療部位に麻酔クリームを塗り時間をおきます(20分程度)
  4. 麻酔をふき取り、施術致します(10分程度)
  5. ご帰宅となります

治療後に気を付けること


  • 治療当日は大量の飲酒、激しい運動、ご自身で治療部位を強くマッサージするようなことは避けて下さい。治療効果に影響するだけでなく、内出血や腫れなどの副作用が強く出る可能性があります。
  • 笑い過ぎや長電話など、表情を大きく動かす動作を長時間続けることで、水分が逃げ型崩れしてしまうことがあります。施術後3日間ほどはなるべくこういった動作は控えていただいたほうが治療効果を最大限に引き出すことができます。
  • ほうれい線治療を行った場合、その部位の美容治療(レーザー治療、IPL治療、イオン導入、マッ

    サージなど)は1カ月避けていただきます。ヒアルロン酸治療は6カ月空けてください。ほうれい

    線以外の部位に関しては治療の前後で制限はありません。

老化